LINE INSTAGRAM

腕もみで身体の不調を解決

こんにちはCOCOCORです🐥❤️

近年インターネットの普及により、在宅ワークやパソコンでのお仕事が増えていますよね。

パソコンだけではなく、スマホでのお仕事なんかも😌

こういったことで気づかないうちに腕を酷使している方が増えているんです…。

もちろんお仕事だけではなく、家事・育児も腕をすごく使いますよね😵

足が疲れていたらマッサージなどをするけど、腕が疲れていると感じても中々マッサージすることはないのではないでしょうか🥺

そこで今日は腕のマッサージについてご紹介します💪

腕の痛みやだるさ

腕のだるさは、肩や首の影響もあります。

首の筋肉の伸縮機能が落ちこむと肩の血流が悪くなります。

また、腕を支える肩が疲れていれば、腕に老廃物がたまりやすくなります。このように腕のコリは首や肩の疲れと関連している可能性が高いため、首や肩に対して施術が必要になってくるかも知れません。

腕には肺経、大腸経、心経、小腸経、心包経、三焦経といった合計6つの経路が通っていることから、腕のだるさは、ストレスや内臓機能の疲れと密接な繋がりがあると考えられています😖

腕を通る経路の流れが良くなることで、腕が軽く感じられるだけでなく、首や肩が楽になる、便秘が改善する、深く呼吸しやすくなるなど身体の不調を改善することもできるのです✨

同じ姿勢をとらない

デスクワークの方は難しいことかもしれませんが、同じ姿勢をとることで血液の流れが悪くなるので、なるべく30分以上は同じ姿勢をとらないようにしましょう🤢

時々腕や肩を回すだけでも改善されます。あとは少し気まずさはありますが(笑)化粧室に行くなどして、身体を動かすことが望ましいです😌

細かい作業をしていると集中してしまいますが、なるべくこまめに腕を休ませるよう心がけましょう😊

腕の疲れに効くツボ

1.手三里(てさんり)

手三里(てさんり)は、肘を曲げた時にできるシワの外側から手首に向かって指3本分上のところ。圧をかけると鈍い痛みを感じる場所です。この部分を小さな円を描くようにして、クルクルと揉んでみましょう。腕がだるい、手首や指に痛みを感じる時に効果的と言われています。

2.手五里(てごり)

手五里(てごり)は、肘を曲げた時にできるシワの外側から肩に向かって指4本分上のところ。圧をかけると同様に鈍い痛みを感じるツボです。腕や肘の痛みや肩こりに効くとされているので、痛くない程度にゆっくりと押してみましょう。

3.曲池(きょくち)

曲池(きょくち)は、肘を曲げた時にできるシワの外側中央部分。テニス肘の治療で使われているツボで、肘を中心とした腕の痛み、腱鞘炎などに効果的だと言われています。

つり革に掴まるような姿勢で腕をL字に曲げて上げ、反対の手の中指と親指で外側から挟み込んだ地点と覚えておくと良いでしょう。曲池は中指に相当する部分ですが、内側の親指側も同様にツボなので、セットで刺激をしてあげるとより効果的です。

このようにツボを知っておけば、少し疲れた時にツボを押すことで、少し楽になりますよね😊

腕を包み込むようにマッサージ

COCOCOR(コココル)で完備されいるマッサージチェア”ルピナスロボ”では、人の手で揉むように、3次元の動きでマッサージをしてくれます。

指の第2関節まであるメカとAIの組み合わせによって、3次元の動きが可能に。AIハイブリッドメカによる「つかみもみ」で腕全体を施術し、まるで人の手で揉まれているかのような心地よさが体感できます✨

こちらの部位集中、腕のコースもすごく人気です🤗❤️

ぜひ、お試しください🐥