LINE INSTAGRAM

朝のストレッチ

寝起きでストレッチを習慣づけるとすごく体にいいのはわかるけど、習慣づくまでに時間がかかりますよね笑

私も毎日ストレッチしよう!といつも考えてはいますが、明日から…が続く日々です😔笑

でも体にいいと言っても何がいいの?どうしてストレッチを習慣づけるといいの?を今日は紹介したいと思います!

ストレッチのメリット

1、身体がしっかり目覚める

なかなか目が覚めずにぼーっとしたり、携帯をいじったりする方も多いと思います。そんな人こそ朝ストレッチ!

ストレッチで筋肉をほぐしながら、大きく呼吸をすることを意識することで、身体にたくさんの酸素を取り入れることができ、頭や身体がいつもよりすっきりし、気持ちよく目覚めるのに役立ちます😆

朝ストレッチで身体も頭もスッキリさせちゃいましょう✨

2、代謝があがり痩せやすい身体に

朝ストレッチは代謝をあげ、ダイエットにも効果的です😊

朝ストレッチを行うと、凝り固まった身体を無理なくほぐすことができ、同時に血液循環もよくする効果もあります。その結果、体温もアップして自然とカロリーを消費してくれる基礎代謝も上げられんです🤗

なかなか痩せられない方は朝ストレッチで代謝を上げて、痩せやすい体質に改善してみてはいかがでしょうか^^

3、むくみ解消

デスクワークや立ち仕事、同じ姿勢で何時間も仕事をする女性に多い悩みがむくみです。「足がパンパンになって、どうにかしたい」そんな人には、朝ストレッチが役立ちます👻

むくみの原因は主に血流の滞りです。朝にストレッチを行うことで筋肉がほぐされ優れた血行促進効果が得られます。その結果、下半身に溜まった老廃物が排出されむくみの解消に効果的です✨

目覚めの習慣に朝ストレッチを取り入れて、辛いむくみや便秘を改善に導きましょう!

4、筋肉がほぐれて、怪我予防

朝起きたばかりの時には、頭がぼーっとしますが、それだけではなく筋肉も休息状態になり、凝り固まった状態になります。

硬い筋肉の状態で活動すると、思うように身体を動かせず転倒などによる怪我のリスクが高まります。起きてすぐに走ったりすると、硬い筋肉が動きに付いていけずに肉離れなどを起こすことも🥲

朝のストレッチは、固まった筋肉をほぐして柔軟にするため、日常生活の怪我リスクを軽減するためにも習慣化して継続することが大切です😆

5、腰痛・肩こりの改善

朝起きて肩や首が凝っていることがありますよね。それはマットレスや布団の硬さが合っていないことが原因で、就寝中に筋肉が緊張してしまい疲れをためてしまっているのです🤢

朝ストレッチで、筋肉の緊張を和らげコリをほぐすことができるので、腰痛や肩こりの解消にも効果的です✨

6、自律神経が整い、精神が安定する

現代人は、自律神経の切り替えがうまくできないことで精神が不安的になりがち😔

朝ストレッチをすることで、就寝時に優位になっていた副交感神経から活動モードになれる交感神経が優位になります。自律神経の切り替えがきちんと行われることで、精神を安定させるだけではなく、身体の機能も正しく働かせることが可能です。

7、便秘解消

便秘の原因は自律神経の乱れと血行不良によって腸が正常に機能しなくなること。朝ストレッチをすることで、自律神経を整え血行の促進もできるので、腸の働きも正常になり便秘の解消につながります✨

便秘に悩んでいる方は、朝のストレッチを行いお腹の調子を整えましょう😎

Young woman doing yoga in morning park

朝の寝たままストレッチ方法

仰向けになったまま、両腕を頭の上にのばし、手足が両端から引っ張られるようなイメージで片側ずつ背伸びをして5秒ほど止める。その後、力を抜き、2〜3秒リラックスしたら、もう片側をストレッチする。
次に手足を「大」の字に広げ、左右に伸ばすように広げる。
各左右1セット、2〜3回程度実施。

両膝を立てる。

足の裏を合わせるようにして膝を左右に広げて倒し、そのまま10〜20秒止める。

2〜3回程度実施。

ポイント 身体が硬い人は無理をせず、気持ちがいい程度に。股関節や腰に痛みがある人は行わないこと。

両膝を立て、ゆっくりと息を吐きながら、両手で両膝を抱え込み、そのまま5〜10秒程度止める。その後、力を抜いて2〜3秒リラックス。

2〜3回程度実施

ポイント 腰に痛みがある人は行わないこと。